フツーの家と、何が違うの? 「住んで快適」なのは、当たり前!地震に強い家
亜光建設が建てる地震に強い家 ツーバイフォー って、いったいどんな家??

「ツーバイフォー」という名前は、枠組壁工法により、2インチ×4インチの木材で、上下縦枠の主要な部分を構成していることからそう呼ばれています。
2×4(ツーバイフォー)住宅工法では構造用製材で作った枠組みに、構造用合板を貼り付けたパネルで床・壁面を構成して建物を組み立てています。 パネルという面の6面体の組み合わせで家を作っていくため、日本古来の在来工法である軸組み工法とは構造的に違った建築工法です。
在来軸組工法が柱で支えるのに対して、ツーバイフォー工法は壁で支えるというイメージです。

ツーバイフォー住宅は、国際的な工法として広く普及されています。

2×4(ツーバイフォー)住宅は、今から200年位前に北米で生まれ、改良を重ねながらアメリカ全土に普及しました。 現在ではアメリカ・カナダの木造住宅の90%強がツーバイフォー工法で建てられています。 その後、ヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランドに普及され、今や国際的な工法として広く普及しています。
日本では昭和49年の建設省告示によって、木造住宅の一工法として導入されました。
そして、平成5年の釧路地震、平成7年の阪神淡路大震災でその耐震性が実証され、以後、建築数が急激に伸びています。 また、耐火性・断熱性に優れた工法としても人気が高まっています。

ツーバイフォー住宅は、こんな特徴があります。
デザインや間取りは、自由にできるの?

もちろんです。
2×4住宅工法は、お施主様のご希望に合わせて自由自在に設計することができます。
吹抜けや屋根裏収納はもちろん、地下室や約30畳の大空間、また、小屋裏を利用した収納スペースや、床下の収納庫など、立体的なプランも可能です。 構造計算で安全性が確認できれば、自由度の高い家が実現できるので、柱のない大空間を作ることもできます。
増改築にも対応しやすいため、将来のライフスタイルに合わせた住まい造りを実現できます。

万一の火災には、大丈夫なの?

木造でありながら火に強く、燃えにくいというのが、2×4住宅の長所のひとつです。
その証拠に、木造住宅であるにもかかわらず、住宅金融公庫では「準耐火構造」に指定され、融資条件も有利。
返済期間も長いんです。

表面が火に触れると熱分解を起こし、せっこう中に含まれる水分が水蒸気になって放出されます。
放出時間は約25分続くため、木材が発火点に達するまでの時間を遅らせることが出来るのです。

2×4住宅は、各部屋が、枠材と面材によって密閉された空間なので、それぞれの部屋が防火シャッターの役目をします。 それにより、火が燃え広がるのを防ぐことができます。

地震がきても平気??

2×4住宅工法は、別名「枠組壁工法」と呼ばれています。 「枠組壁工法」は、パネルという面の6面体の組み合わせで構造を支えるので、地震や台風などの外圧を面全体で受け止めます。 それにより、荷重が効率的に面全体に分散され、抜群の強さを発揮するのです。 その強さは、北米の大地震やハリケーン、平成5年の釧路地震、平成7年の阪神淡路大震災で実証されています。

  ご近所まで音がモレないか心配です。

2×4住宅の遮音性は、音にうるさい音楽専門家の折り紙つき。 高気密性によって、内外の透過音を防ぎ、仕上げや施工により、室内の衝撃音を防止しているので、とても静かです。 ご近所への音モレを気にすることなく、ピアノ演奏や音楽を楽しむことができます。

どれくらい、長もちするの??

木材を湿気から守るための防湿フィルムを採用し、腐食を防ぐ工夫をしています。
造的にも頑丈です。

どれくらい、長もちするの??

2×4住宅は、その構造・工法上から高い気密性・断熱性を発揮します。 そのため、部屋のエネルギーを逃さず、空調費が非常に少なくてすみます。
冬は暖かく、夏は涼しい、抜群の省エネ住宅なのです。

どうして夏涼しくて、冬暖かいの?

ウレタン・グラスウールなどの断熱材は、保温性能に優れ、冬は暖かいのですが、 遮熱硬化ができないため、夏の暑さは防げませんでした。
また、アルミ熱線反射材は、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、結露の可能性も心配されていました。 そこで、この2つの良いところを合わせて、夏の暑さにも、冬の寒さにも対応できるようにしたのが「ウレタン遮熱工法」です。 「ウレタン遮熱工法」は、省エネ効果の実感できる、高性能な断熱・遮熱工法なのです。

ツーバイフォー住宅は、こうやって建てていきます。
コンクリートの上に防湿シートを貼ります 鉄筋を組みます ベタ基礎完了
型枠をはずしました 床下断熱材の施工及び1階の床組み 一階の床面と壁を作ります
二階の壁パネルを吊り込みます 棟上げです 屋根の下地を張ります
躯体工事完了 外壁の防水シートを貼ります 内装、外装工事をして、完成!
亜光建設は、パネル制作から施工までの一貫システム。だからこそ、高品質な建物を低コストでご提供できるのです。

亜光建設は、自社のパネル工場を持っています。

お客様の大切な住まいだから、
最初から最後まで自社スタッフが
責任を持って関わりたい。

そんな思いから平成5年、自社工場を設立しました。

工場でのパネル製作、そして工場から直送し、直接、施工しているからこそ、コストを抑えた高品質な建物をお客様にご提供できるのです。

ツーバイフォー住宅の強さの基本は、精密なパネル造りです。
最新技術を導入した自社工場で丁寧に加工しています。